Top > Products

取扱い商品

次世代歯科素材 ジルコニア zirkonzahn

CAD/CAMシステムを超える精度
驚異の5軸がジャストフィットを可能にする

ナイフエッジが可能で支台歯の形成はMBと同じです。カスタムアバットメントに歯肉色の着色が可能です。CAD/CAMでは難しいケースにも対応できる高精度のコピーミリングシステムです。テクニシャンの技術でフレーム製作できます。

単冠からフルブリッジまでのジルコニアフレームが作れます。歯牙の切削を最小限に抑えるため、インレーブリッジにも対応できます。プレッタはオールジルコニアの製作が可能で、ポーセレンを築盛しないためチッピングがありません。

完成後の厚みが0.4mm以上あればヘックスを含めたカスタムアバットメントの製作が可能です。
削ったジルコニアは、16色のカラーリキッド着色後、本焼結することで強度と硬度がでます。カスタムアバットにガム色を着色しておけば違和感がありません。

  

Zirkon zahn Zirkon zahn(ジルコンザーン社)のサイトへ

高強度ガラスセラミック e.max

IPS e.max
(イボクラポーセレンシステム・エンプレスマックス)

IPS e.maxの主成分である二ケイ酸リチウムは曲げ強度360~400MPaを有するセラミックス材料で、単体で歯冠を製作した場合には非常に高い耐久性を持つ素材です。

二ケイ酸リチウムだけで製作された場合、修復物全体が360~400MPaの強度を有し、長期間の咀嚼運動にも耐えられます。

メタルセラミック・プレスオンメタルセラミック

新技術プレス・オン・メタルセラミックとは

これまでにないメタルフレームに対してプレスオン。メタルフレームにオペーク焼成を行い、その上にワックスアップで形態を回復します。

ワックスで形態回復も可能な上、プレス後はステイニングするだけと作業時間が大幅に短縮しました。

プレス・オン・メタルセラミックのメリット

【メリット1】
ステイニングのみで審美性の高い修復物が製作可能。
【メリット2】
ワックスアップで回復した形態がそのままメタルボンドになるので、審美的、機能的な修復物が製作可能に。
【メリット3】
特に臼歯部に適しておりメタルセラミックにつき物のチッピングが起こりにくくなっています。
【メリット4】
プレスのため、セラミックごとキャストするので、従来必要であったマージンポーセレント代・メタルボンド代が不要。価格が通常のメタルボンドより安価になります。

患者様に優しい低価格を実現することにより
歯科医師様に優しい顧客ロイヤリティの向上につながります。

取扱いメーカー

メタルフレームに対してプレスオンするIPSインラインPoM。カットバックもレイヤリングも必要ありません。主に臼歯に適し、少ない労力と短い時間で正確な適合性と審美性を持ち合わせた修復物が製作可能。

オペーカー焼成後のフレームにワックスアップで形態を回復。プレスを行い、その後シェードおよびステイン材で特徴を付け、最後にグレーズ処理を行えば完成です。

プレス・オン・メタルセラミックと通常のセラミックスの違い

プレス・オン・メタルセラミック / IPS InLine PoM
■オペーカー焼成後、ワックスアップにて形態を回復、プレスオン。
■主に臼歯に使用
両製品とも最終段階で、IPSインライン / インライン Pom シェードおよびステインを使用してステインやグレーズ処理ができます。

zirkonzahn movie

e.max photo

press on metal ceramic photo